浮気を「する男」と「しない男」その違いは女の対応の違いから生まれる

 

浮気を「する男」と「しない男」は一体どこが違うのか?そもそも浮気と言うのは、男からすればオス本能に忠実な行動だと言えますが、浮気をしない男をどうやれば育てる事が出来るのでしょうか?

 

①窮屈さを感じると浮気する男になる

浮気する男性の多くは、付き合っている女性や妻に対して窮屈さを感じています。自由にものが言えない、束縛される、怒られる等のマイナス感情が多くはたらくと、精神の安定先を求めて浮気に走ります。

逆に精神的に満ちたりている、精神的に余裕がある男性は浮気をしません。

②お金と時間に余裕がある男性は浮気する

お金と時間に余裕のある男性は浮気をする傾向があります。より刺激を求めて、お金と時間を浮気に注ぎ込むのです。

これを防ぐにはどうするべきでしょうか。男性のお金を必要以上に管理しようとするのは逆効果です。男性が不自由さを感じてしまい、その状況から逃げだしたくなり浮気に走ってしまいます。
お金はなるべく夫婦共通の目標を持ち、その為に使うようにします。時間も同様です。夫婦共通の趣味や習慣を作り、浮気する暇がないように時間をコントロールするのです。束縛にならないようにするバランスは難しいですが、同じ時間をうまく作りつつ、自由な時間を要所要所で設ければ良好な関係が長く続きます。

③性欲が有り余っている男性は浮気する

性欲が有り余っている男性は浮気する傾向があります。性欲が強いタイプの男性は、性欲のはけ口を求める為に浮気します。
これを防ぐ為には、夫婦の性生活をよく考えることです。マンネリになっていないか、欲求を満たしているか、セックスレスになっていないか。浮気の原因を作る前に対策が必要です。

④自分の思い通りにコントロール出来ないと感じる男は浮気する

これは「窮屈さを感じる」ことに似ていますが、男性は周囲をコントロールしたがる生き物です。何でも自分の思い通りに動かしたいという欲求を本能的に持っています。自分で今の状況はコントロール出来ないと感じると、浮気に走ります。

これを防ぐ為にどうすれば良いでしょうか。男性の言いなりになることは逆効果です。男性が調子にのってしまい、浮気でも何でもやり放題になってしまうからです。
男性が「自分がうまくコントロール出来ている」と思わせることが重要です。これはかなり難しく創意工夫が必要ですが、うまく行けば浮気防止になります。
例えば、出来ることでも出来ないフリをする。男性は自分が優位に立ちたい生き物なので「自分がついてないと駄目だな」という気持ちを利用するのです。
冷たく突き放した直後に誉める等のような方法も有効です。
男性が「自分の思い通りにコントロール出来ている」と感じて、精神的に満ち足りていると浮気に走りません。

いかがでしたでしょうか。
浮気する男性と浮気しない男性、その違いは実は紙一重です。
女性の教育次第で浮気しない男に育てることは可能なのです。その教育も男性に感づかれないようにするのは工夫が必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。