夫が浮気をしていないかわかる誘導尋問

 

夫が浮気をしていないか分かる誘導尋問などをまとめました。浮気度チェックと合わせてぜひ活用してみて下さい。

 

①携帯をみずに浮気をチェックするかまかけ方法

かまをかける方法があります。

「女の人といたよね?」

「近所の人が街であなたを見たって」

など、実際見ていない・聞いてないことでも、さもあったかのように聞いてみましょう。

うまくいくとここでボロを出し、聞いてないことまでべらべらしゃべってくれることもあります。

もしくは何か心当たりがあると逆ギレします。

男性はやましいことがある場合、無駄にたくさんしゃべって言いわけするか、逆ギレして相手に何も言わせないようにします。

このどちらかの反応であれば浮気してると見ていいでしょう。

重要なのはかまをかける側がしゃべり過ぎないことです。

あくまでも冷静に、少ない言葉数で相手から引き出しましょう。

 

②時間や行動を指定して誘導する方法

これはあらかじめ相手の行動時間を把握していることが前提になります。

「昨日の日曜、昼間6時間ぐらい出てたよね。近所のスーパーとか行ってた?」

このように聞きます。6時間スーパーにいることはまずありません。

こう聞かれると6時間外出していたことに関してそれっぽい言いわけを考えます。

もしくは正直に白状します。

「○○さんといたの?」

というように人を指定してもいいでしょう。

いずれにしても揺さぶりをかけることになるので、あくまでも会話の中で自然に、冷静に聞きましょう。

 

③一言で浮気疑惑のある夫をドキッとさせるストレートに聞く方法

ストレートに「浮気してるよね?」とつめよる方法です。

この際、重要なのは怒らないことです。優しい口調で迫ります。

「怒らないから」「正直に言ってほしいだけ」と言いながらあくまでも優しく迫ります。

「あなたが好きだから」というのも良いでしょう。

相手は許してもらえるかも?と油断して色々と白状します。

 

④誘導尋問は朝起きた時やお酒に酔ってる時など油断している時にするのが効果的

誘導尋問は相手が油断している時に効果的です。

朝起きた時、お酒に酔ってる時、リラックスしている時は気持ちが油断しているので口が滑りやすくなるのです。

逆に帰ってきてすぐだと気持ちが張っているので、逆効果です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

誘導尋問のこつは、あくまでも自分は冷静なテンションでいることです。演技力も必要となるので、あらかじめ練習しておくほうがいいでしょう。

怒って詰め寄ると、相手は警戒し口をつむってしまい、しらを切るので逆効果です。冷静に演技しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。