そもそも浮気の証拠として有効なものは何か?

 

万が一裁判沙汰になった時の為に、浮気の証拠として有力なものを覚えておく事が大切です。特に浮気調査を行う時は、プライバシーの侵害として逆提訴される危険性もあるので慎重に進めないといけません。

 

①写真やビデオ

浮気をしている現場の写真やビデオが裁判では必ず必要になります。

そしてこの写真やビデオも必ずパートナーと浮気相手の顔が鮮明に映っている必要があります。顔が鮮明に映っていないと、本人と確認できず証拠として弱いと判断されるからです。

また、場所もラブホテルに入っていく、出ていくという状況の写真であれば、肉体的な関係を持っている浮気現場であると判断可能です。しかし、旅行先やレストランなどに2人で入るような写真では肉体関係があるかどうかは不十分と判断されてしまいます。ですが、これらの状況の写真もないよりはあるほうが良いでしょう。

愛人との不貞行為と判断されるのは、継続的に肉体関係があると判断された場合です。したがって、1回だけ愛人とラブホテルから出てきたという写真があっても、それだけで離婚を認めるケースはあまりありません。

 

②録音テープ

自宅などで、相手が浮気の事実を認める発言をした場合、この音声が録音されていれば浮気の証拠となります。

 

③メール

メールで浮気が発覚することは多いので、メールも浮気の状況証拠にはなります。メールは基本的には連絡に使われるので、決定的な肉体関係がある不貞の証拠であるとは見なされることは少ないです。しかし、状況証拠でもないよりはあるほうが望ましいです。

 

④領収書やクレジットカードの明細

浮気の状況が確認できるホテルの領収書やクレジットカードの明細なども、一般常識で考えた場合不貞の証拠になると判断されるので、あったほうが良いでしょう。

 

⑤手紙や日記、贈り物など

手紙や日記や愛人への(からの)贈り物も、直接の肉体関係を立証するのは難しい場合がありますが、状況証拠にはなります。

 

⑥探偵・調査会社の報告書

探偵や調査会社に浮気調査を依頼すれば、一連の報告書にまとめてもらえます。これは十分証拠となります。個人で浮気の証拠を集める場合、法律違反を犯している場合もあり、その場合は証拠として裁判所に提出できなくなります。これを避けるために、探偵・調査会社の力を借りるのが有効です。経費、機材などの料金、最終的な金額などは必ず確認しておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

写真や録音テープ、メールや手紙など証拠となるものはたくさんあります。しかし、これらのものを一人で集めるのは困難です。また、法律違反を犯している、プライバシーの侵害であると判断されると、厳しい立場になります。探偵・調査会社の力を借りて証拠を集めるのが得策だといえます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。