悪質な探偵事務所に要注意!

   2015/05/26

全国には約5,000社の探偵事務所がある?!

全国には約5,000社の探偵事務所があると言われております。その中には、それこそペーパーカンパニーのような実態のつかめない探偵事務所というのも残念ながら存在します。

依頼主の中には、何が何でも調査してもらいたい。その思いが強く、悪質な探偵事務所とわからないまま契約してしまうケースも、なくはありません。

最悪の場合、依頼した依頼主も、刑事事件として訴えられるような事案もありますので、今回は悪質な探偵事務所にひっかからないよう、注意すべき点を述べていきたいと思います。

 

悪質な探偵事務所にひっかからないためのポイント その1

みなさんはご存じないのかもしれないですが、悪質な探偵事務所が増え、契約者とのトラブルが激増したため、2007年に探偵業法という法律が新しく施行されました。そのため、最近はだいぶ悪徳な探偵業者というのは減ったものの、まだまだトラブルはあるようです。

悪質な探偵事務所を見抜く第一のポイントとして、まともな調査をしないということが挙げられます。いい加減な調査内容、また調査員の態度も投げやりで、仕事に対しての熱意が感じられず、服装、顔つきなどもやる気が感じられない。

おいそれとすぐわかるような探偵事務所から、用意周到に、書類形式、調査員の身だしなみなどはしっかりしているものの、調査内容報告書の報告がでたらめ。または、新たな調査費用に、高額な費用を請求しているケースなど、内容はさまざまです。

ともかく、契約する際に、提示する内容以外に、追加料金が発生したり、付帯条件がやたらと多い探偵事務所というのは悪徳な業者という可能性が高いということを肝に銘じておいた方がいいでしょう。

 

悪質な探偵事務所にひっかからないためのポイント その2

悪徳業者というのは、当然のことながら利益最優先。依頼主のことなどまったく考えていません。なので、契約書以外の追加費用が発生したとして費用請求してきたり、調査に人員が必要になったら、といって別途、費用を請求してきたりということがあります。

そのほかに最悪の場合、調査するといってから、まったく音沙汰がなく、報告書だけで浮気の痕跡は認められませんでした。といった虚偽の報告書を平気で作りあげる探偵事務所も存在します。

 

悪質な探偵事務所にひっかからないためのポイント その3

契約書に書かれていない費用を請求してきたり、しかも調査すると報告してから、まったく調査している痕跡が見られない。そのほかにも、あまりにも調査内容の報告がズサンで、ほんとうに探偵事務所なのかといったケースは多々あります。

そして、挙げ句の果てには、あなたの調査依頼は、違法だから、費用の返還請求を出しても、応じられないよと開き直る探偵事務所すらあります。

第一、ちゃんとした探偵事務所であれば、違法と疑われる依頼というのは、断るのが普通です。探偵事務所もいろいろあります。

もちろん、依頼主の中にも、探偵事務所を悪用しようとして、依頼してくる依頼主も存在します。その中で、ご自身がトラブルに合わないためにも、信用と実績のある探偵事務所を選ばれた方が、トラブルに合う可能性は少ないといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。