悪徳な探偵事務所の5つの特徴!

   2015/05/26

悪質な探偵事務所を見分けるポイント!

日本全国に5,000社以上あると言われている探偵事務所。その中には、悪質な会社があるということも残念ながら言わなければなりません。今回は、悪質な探偵事務所を見分けるポイントをお教えいたしたいと思います。

 

その1 やたらと調査員が、契約を迫る

依頼主の不安感を煽るようなことを言ってくる探偵事務所は、まったくもって話になりません。依頼の調査と、その後の交渉ごとというのは、お互いの信頼関係が成り立ってこそ初めて成立するものであり、はじめっから、契約を急がせるような探偵事務所とは契約してはなりません。

 

その2 「予算はどれくらいですか」と依頼主の予算の都合を聞いてくる。

具体的な見積もり書を出してくるわけでもなく、探偵事務所の方から、依頼主の予算を聞いてくるようでは、その会社はあやしいと言わざるを得ません。依頼主の予算次第でころころと、請求金額を変えてくる可能性も考えられます。そのような探偵事務所は、往々にしてまともな調査などしてません。早々と立ち去るべきでしょう。

 

その3 報告書、連絡などの通知がほとんどない。

経過報告などの連絡がほとんどない探偵事務所というのもあやしいものです。依頼主は、浮気対象者がどのようにしているのか、一刻も早く状況を知りたい一心で、探偵事務所に依頼をしてきます。そんな気持ちを無視して、調査が完了するまで連絡をしてこない探偵事務所というのは、あやしいと言わざるを得ません。

調査など適当にしていて、それなりの報告書を出してくる悪徳探偵事務所も中にはいるということを心得ておきましょう。

 

その4 探偵事務所の所在地がアヤフヤ

探偵事務所の中には、所在地を教えてくれない探偵事務所もあります。直接、調査員に聞いても、いろいろとはぐらかして教えてくれないのです。

そのような探偵事務所というのは、だいたいにおいていかがわしい業をしているものが、隠れ蓑として探偵事務所を名乗っている可能性もあり、注意が必要です。

あとになって、依頼主の個人的な事情を知った探偵事務所から、脅迫まがいの電話がかかってくるような事態にもなりかねません。そういった業者とはすぐ手を切った方がいいと思います。

 

その5 調査員の風貌がいかにも、あやしい

探偵事務所の調査員自体の風貌がいかにも暴力団みたいなコワオモテということはよくあります。風貌だけなら、まだいいのですが、あやしい言動や行動をするようなところであれば、すぐに関わりをやめた方がいいでしょう。

個人情報を扱う仕事として探偵事務所というのは、重大な責任が課せられています。その中で、少しでも不審に思われるようなところがあれば、遠慮なく質問し質問の応えに疑問を感じるようなことがあれば、すぐにでもその探偵事務所と関わらないようにするのが、一番賢いやり方であると言えるでしょう。

以上、簡単に悪徳な探偵事務所の5つの特徴を挙げてみましたが、参考になりましたでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。