短期決戦で浮気調査をしないとダメな3つの理由

   2015/05/26

短期決戦で浮気調査?!

なぜ短期決戦で浮気調査をしないとダメなのか?当たり前の理由から、知らなかった意外な理由までまとめました。

浮気調査において、長期戦というのは厳禁です。なぜなら、あまりに長期に及んでしまうと、浮気相手との関係が終わってしまう可能性があるからです。

浮気調査において、短期間に決定的な証拠をつかむこと、それは大原則であります。

 

浮気調査が短期決戦でなければならない理由その1

浮気調査において、浮気対象者の行動パターンをつかむというのがまず第一歩です。短いうちに浮気対象者の行動パターンを掴んでおかないと、行動パターンが変化して予測のつかないこともおこりかねません。

なので、早い段階で行動パターンを掴んでおく必要があります。そこから変化を読み解き、浮気対象者の浮気相手を特定していくのです。

 

浮気調査が短期決戦でなければならない理由その2

また、浮気においても、さまざまなパターンがあると考えられます。それこそ、長い交際期間のある浮気相手である場合は、より問題が大きく発展しかねない問題であり、あまり長々と調査をしていると、浮気対象者も警戒心を抱いてしまいます。

浮気相手との交際を終わらせたり、カモフラージュ、証拠の隠蔽などをしはじめる場合もあります。そういった相手は、かなり浮気なれしている相手であり、プロの探偵事務所でもケムを巻いてしまうかもしれません。

そのようなことにならないためにも、素早く行動して、浮気対象者の行動をチェック、早い段階から浮気相手の特定を急ぎ、主導権を掴んでおく必要があります。浮気対象者の有利にならないような状況を創りだしておくということも、浮気問題においては大原則であるといえるのです。

浮気相手においても、浮気相手が妊娠した場合など、慰謝料を請求してしまうことも考えられます。そうならないためにも、浮気の可能性がある場合、素早い行動と決断が欠かせない要素であることは確かなのです。

 

浮気調査が短期決戦でなければならない理由その3

最後に、これは相手の心理状態をつく方法ですが、浮気対象者の心理状態を上向きにさせないため、素早く浮気の証拠を掴み、浮気をしていることを相手に告げる。そうすることによって、相手は少なからず、動揺し、浮気をしてしまったことに負い目を感じるようになります。

相手との関係を終わりにさせたいのか、それとも、これからも浮気をした相手との関係を続けていくことにするのか、どちらにおいても相手の心理的状態よりも優位にことを進めていかないかぎり、浮気問題の交渉に問題が移行した場合、心理的に優位に立てません。

素早く行動し決断していかないと、ゴテゴテに周り、はかどる交渉事も、うまくいかなくなってしまうことが多々あります。浮気問題というのは速さが命です。

気持ちが固まったら素早く行動し、相手の心理よりも優位に立てなければ、その後も続くであろう、浮気相手との交渉も骨が折れることまちがいなしです。ですので、早めの行動、決断をするように心がけるにいたしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。