奈良県の浮気調査

 

容疑者
元彼氏
浮気相手相手の元カノ、彼の友人
疑いのきっかけ連絡が極端に少なくなった

携帯を当時4台所持していた

携帯が鳴っても私も前では絶対に開かなかった
具体的な調査たまたま彼が忘れていった携帯を、友人が中を見た
最終的な証拠浮気相手とのラブラブメール

浮気相手との写真
その後の関係即効別れを告げた
体験談だんだんと連絡が少なくなっていき、久しぶりに会ったときに「全然連絡もくれないしこれからどこのにいくのよ」というと「なんでそんなこと言わないといけないの?」といわれ、一緒にいた友人にそのことを伝えると、それは怪しい。。。となりながらも一緒にしゃべっていたら、彼がバカなことに携帯を忘れてその場を去りました。

友人はチャンスと言わんばかりにおもむろに彼の携帯を開き、メールチェック。すると出るわ出るわほかの女とのイチャイチャメールのオンパレード、写真、あげくは動画まで…。一瞬にして私の気持ちは冷め、その日のうちに即効さようなら。

本人は携帯を見られたことはわかっていたけど、メールを見ていたことには気づかず、ずっとシラを切りとおしていました。(奈良県・20代・女性)
容疑者
元彼氏
浮気相手交際中に出会ったとみられる女性です、共通の知り合いではありませんでした。
疑いのきっかけ浮気を疑うような不審な行動・メールなどの要素は全くありませんでした。
具体的な調査全く浮気をしているなんて思いもしなかったので、具体的に何かを行ったというようなこともなく普段通りの交際を続けていました。
最終的な証拠デート中に2人で購入したデジカメの撮り貯めた画像を一緒に見ていた時、その浮気相手と写っている写真を見てしまったのが決定的な証拠でした。
その後の関係もちろんその場で即別れました。
体験談私の車での移動中、助手席に座っていた元彼氏が2人で購入したデジカメの撮りためた画像を嬉しそうに見ていたときです。運転中の私の目に見知らぬ女の子と楽しそうに写っているツーショット写真が飛び込んできました。

その瞬間、元彼氏は即デジカメの画像を見るのを白々しく終えて、私が見てなかったことを願ってか違う話題を振ってきました。もちろん私は車を路肩に停めて、嫌がる元彼氏からそのデジカメを取り上げ再度怪しいと思われる画像を確認しました。

私が確認している横で不安そうに私を見ていましたが、私がその画像を見つけた瞬間、私が問いただす前にペラペラと自ら浮気を認め謝り始めました。怒りが収まらなかった私はデジカメを回収し、元彼氏を車から降ろしそのまま道ばたに置き去りにして自宅へ帰りました。

時間は終電が終わった時間で近くに駅もありませんでしたが、自業自得だと思い許しを請う元彼氏に見向きもせず走りだしました。その日の夜に電話で再度謝ってもらいましたが、浮気は絶対に許せなかったので別れを告げ、2人で購入したデジカメは即オークションで売り払い現金化しました。その後も何回か電話や自宅への訪問がありましたが、仲直りすることはありませんでした。(奈良県・30代・女性)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。