高知県の浮気調査

 

容疑者
元彼氏
浮気相手私が知らない女性
疑いのきっかけ今までは携帯の着信音が鳴っていたのに、ある日突然サイレントになっていて不審に思った。
具体的な調査お風呂に入っている間に携帯を見た。
最終的な証拠私とのデートは用事があると断っていた日に浮気相手の女性に会いたいってメールをしていた。
その後の関係1度は許しましたが、信用がどうしてもできずもめる事が多くなり別れた。
体験談週末にデートしようって誘うとほとんど断られたことがなかったが、初めて断られることがあった。はじめはそういう事もあるかと不審に思わなかったが、携帯の着信音がサイレントに変わっている事に気付いてからあらゆることに対して不信感を抱くようになった。元彼は出会った時から携帯の音は出すタイプだったが、着信音がしてないのに当然「あっ!????さんからメールや」と携帯を見始めたことがきっかけでサイレントになっている事に気づいた。そしてお風呂に入っている隙に携帯を見るとEメールではなく、Cメールのほうでやり取りをしているのを発見した。

浮気相手の女性についてあまり詳しく聞かなかったが、元彼はすんなり浮気を認め平謝りでした。アドレスを消すと言って携帯を初期化してくれた。しかし、一緒にいない時はウソをつかれてるのではないかと不安になり疑ってばかりでお互い疲れてしまい、結局別れることになった。(高知県・30代・女性)
容疑者
元夫(離婚・離婚調停中)
浮気相手夫の高校時代の元彼女
疑いのきっかけ夜中にmailが来る。夜中に電話が鳴る。電話に出たら、決まって外出する。帰りが遅くなった。車の音で「帰ってきた」と分かるのに、なかなか家に入ってこない。外でmailを打っている。
具体的な調査携帯を見た。友達に頼んで、退社後の彼を尾行してもらった
最終的な証拠家の外まで女が訪ねてきた。
その後の関係話し合っても解決せず離婚調停し、離婚。
体験談問い詰めてもはぐらかされた。挙句、浮気を認めたあとも開き直った。俺は悪くない、浮気をするきっかけを作ったお前が悪いなどとのたまった。他人の前だと物分りのよい夫を演じるが、私とだと横柄でモラルハラスメントも酷い男だった。

もはや二人では話にならないので、コッソリ実姉に来てもらい隣の部屋で彼の横柄な口ぶりを一部始終聞いてもらったあと、コテンパンに説教されていた。面白くなかったのだろう、最後には子どもにまで手をあげたので離婚を決意。離婚調停までもつれ込んだが、例の如く「温厚なダンナ」を調停委員の前でアピールし、しかも全員騙されてしまうので一向に進まず、私が音をあげてしまう。結局、慰謝料無し、養育費を払うとの口約束だけで離婚をしました。(高知県香南市・40代・女性)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。