怖い取り立てって本当にあるの?

キャッシングで借り入れしたお金の返済が滞ると、
怖い取り手てが待っている、、
キャッシングにはそんなイメージがありませんか?
ここではキャッシング業者の、
取り立て事情に迫ってみたいと思います!

昔はあった怖い取り立て、、(汗)
キャッシングで借り入れしたお金の支払いが滞ると、
業者から借金返済の催促電話が自宅・職場へ執拗にかかってくる、
かかってくる電話では罵声を浴びせられる、自宅に押しかけられ、
近所迷惑になるような大声で叫ばれる、強制的に連行され・・・
タコ部屋などで働かされる、、
などなど・・・表立っては公表されていませんが、
このような取り立てる行為の数々、かつては実際にあったそうです、、(汗)
取り立てをしていたのは何も闇金だけではなく、
大手金融業者であっても取り立てを行っていたともいわれています。
(中にはマスコミが捏造した事例もありましたが、、)
貸金業法の改正~現在の取り立て事情~
現在では貸金業法の改正(2010年6月)により、
すなわち下記に該当するような取り立ては禁じられています。
夜間・早朝(21:00~8:00まで)の電話・訪問等の取り立てを禁止
借主本人の個人情報を他の人に伝える
恐喝(大声・暴力的な言動)まがいの取り立て
勤務先への取り立て
他の消費者金融業者から借り入れて返済を迫る
大人数(3人以上)での取り立て
暴力的な取り立て
返済義務のない人(親族等)への取り立て
プライバシーの侵害
もしこれらのような取り立てを行った業者は、
金融庁より厳しく罰せられます(営業停止などですね)。
ですから昔と違い今では、
大手のキャッシング業者ではまず怖い取り立てはしません。
(中小の業者、闇金は従わない時もあるそうですが、、)
ただ、取り立てはあります。
今の取り立て事情について
借りたお金を返さないことに対して取り立てをする、
これは貸した方からしてら放置するわけにはいきませんからね、、
さて、取り立ての手順ですが、返済が滞ってから、
翌日~1週間ほどは借り入れ先から電話がかかってきます。
電話はまずはあなたの連絡先、
場合によっては勤務先へも連絡が入ります。
それに応じず2~3週間経つと、
今度は電話だけでなく請求書も届きます。
さらに連絡を取らず無視し続けると・・・
自宅や会社に訪問されます(汗)
借りたお金はきちんと返す。
キレイごとのように聞こえますが、
きちんと返済をしていかなければ、以後・・・
借り入れができなくなります。
それはあなたの信用情報に傷がついてしまうからです。
お金を借りる時はあなたの信用力があればこそ、
借り入れできたわけですが、その信用がなくなってしまうわけですね。
またこの時には遅延損害金も発生しているでしょうから、
元金、利息とは別途お金を支払わなければならなくなります、、
どうして返済が間に合わない時にはどうすればいいの?
返済が間に合わない、、なんて時は、
まずは借り入れ先へ必ず電話はいれるようにしましょう。
だまったまま返済が遅れてしまうと、
場合によっては一括返済を迫られる場合があるからです。
(これは契約書に明記されている場合があります)
「1~2日程度なら遅れても大丈夫だろう」
なんて考えは一切通じませんし、事後報告も通じません。
連絡を入れた時に返済についてどうしていけばよいか?
返済まで猶予をもらえないか?などなど、まずは相談してみましょう

黒汁フィットネスの効果はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です